ECサイトの導入実績について

これからECサイトを構築しようと考えている方は、どの構築サービスが良いかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実際に導入された実績をもとに考えてみると、自身が思い描いているECサイトにより近づけることができるので、今回はECサイト構築サービスごとの費用や、そのECサイトの中でどの程度の売上を挙げられるサイトが適切なのかを紹介します。

ECサイトまずECサイトには4つの種類が存在しており、より構築が簡単なECサイトから説明すると、ASPカート、ECパッケージ、オープンソース、フルスクラッチがあります。費用面で考えるとASPカートを除き、他の3サイト構築サービスは100万円以上かかってくるサービスになりますので、個人で始める場合にはASPカートが最も良いと言えます。また、実際にそのECサイトでどの程度の規模の売上を予測しているかについてもECサイトを構築する際に考えるべき部分となります。

こちらもASPカート以外の3サイト構築サービスは1億円以上の売上規模を見込んでいる方に効果的なECサイトです。したがって、個人が始めるにはASPカートが適切です。それ以外の3サイトは売上規模予測やそのサイト自体のサイト寿命の関係性にも関わってきますので、まずはこれから始めてみたいと考えている方はこれらの実績を踏まえてASPカートから始めるのが無難です。


関連記事

  1. ECサイト構築サービスとは?
  2. ECサイト構築サービスの種類

ECサイト構築サービスの種類

ECサイト構築サービスで最も多く利用されているのは、ASPカート呼ばれるサービスで、主には個人がECサイトのアプリケーションを運営している会社からそのアプリケーションをレンタルする形でECサイトを運営できるサービスです。値段も安いので、個人でも簡単に始められるサービスと言って良いでしょう。しかし、ECサイト構築サービスにはこのASPサービス以外に3つのECサイト構築サービスがありますので、今回は簡単にこの3つのECサイト構築サービスを紹介します。

まずは、オープンソースと呼ばれるサービスです。これはECサイトをゼロから構築するわけではありませんが、ECサイトのデザインやサイト内のシステムを自由にカスタマイズできる点がメリットと言えます。知識がない方でも比較的に使用することができるので、多少のオリジナル性を持たせたいのであればこのオープンソースが良いかもしれません。

次はECパッケージと呼ばれるECサイト構築サービスです。こちらはECサイト内に連携される受注管理や売上管理などのパッケージを広い範囲で行える上に、オープンソースよりも構築が簡単ですので、独自のECサイトにこだわりたい人向けです。

最後はフルスクラッチと呼ばれるECサイト構築サービスです。こちらはその名前の通り、ゼロからECサイトを最後まで構築するサービスです。知識が必要なことはもちろんのこと、このフルスクラッチは通常、個人で行うサービスではなく、大規模なECサイトを構築する際に使われるサービスとなっています。


関連記事

  1. ECサイト構築サービスとは?
  2. ECサイトの導入実績について

ECサイト構築サービスとは?

今では、インターネットがない社会は考えられませんが、その中でもECサイトというサービスを知っているという人は少ないでしょう。名前は知らなくても知らない間に多くの人が利用しているサービスです。このECサイトは、「electronic commerce site」の略で、簡単に説明すると、インターネットショッピングで使用する際のWebサイトと呼ばれるものです。

今回はこのECサイトについて紹介をします。ECサイトと一口に言っても、現在は4種類のECサイトが存在しています。このECサイトを構築するためには、どのような形で構築すれば良いのでしょうか。

ECサイト販売方法などによって構築するECサイトは異なりますが、一般的に使われているECサイトの構築サービスは、ASPカートと言って良いでしょう。このASPカートは、アプリケーションサービスプロバイダの略で、ECアプリケーションをレンタルする仕組みになっており、インターネットを通じて自分のECサイトを構築するサービスとなっています。メリットとしては、やはり費用の安さについてが挙げられます。ゼロからECサイトを構築するわけではないので、管理会社に月額数千円の費用を支払うのみでインターネット販売ができます。そのため、企業よりかはどちらかと言えば個人向けのECサイト構築サービスと言えるでしょう。このASPカートと呼ばれるECサイト構築サービスは、4種類あるうちの一つに過ぎませんので、これからご自身でECサイトを作りたいという方は、他のECサイト構築サービスとじっくり比較検討をして、始めるようにしましょう。


関連記事

  1. ECサイト構築サービスの種類
  2. ECサイトの導入実績について