ECサイト構築サービスとは?

今では、インターネットがない社会は考えられませんが、その中でもECサイトというサービスを知っているという人は少ないでしょう。名前は知らなくても知らない間に多くの人が利用しているサービスです。このECサイトは、「electronic commerce site」の略で、簡単に説明すると、インターネットショッピングで使用する際のWebサイトと呼ばれるものです。

今回はこのECサイトについて紹介をします。ECサイトと一口に言っても、現在は4種類のECサイトが存在しています。このECサイトを構築するためには、どのような形で構築すれば良いのでしょうか。

ECサイト販売方法などによって構築するECサイトは異なりますが、一般的に使われているECサイトの構築サービスは、ASPカートと言って良いでしょう。このASPカートは、アプリケーションサービスプロバイダの略で、ECアプリケーションをレンタルする仕組みになっており、インターネットを通じて自分のECサイトを構築するサービスとなっています。メリットとしては、やはり費用の安さについてが挙げられます。ゼロからECサイトを構築するわけではないので、管理会社に月額数千円の費用を支払うのみでインターネット販売ができます。そのため、企業よりかはどちらかと言えば個人向けのECサイト構築サービスと言えるでしょう。このASPカートと呼ばれるECサイト構築サービスは、4種類あるうちの一つに過ぎませんので、これからご自身でECサイトを作りたいという方は、他のECサイト構築サービスとじっくり比較検討をして、始めるようにしましょう。


関連記事

  1. ECサイト構築サービスの種類
  2. ECサイトの導入実績について
Pocket